出産はシミとニキビに効果てきめん?

妊婦中のマイナートラブルには様々なものがありますが、その中でも肌荒れで悩む妊婦さんは多くいるのではないでしょうか?
私自身もそのひとりで、妊娠中、やっとつわりが落ち着いてきたと思ったら、今度は肌荒れがやってきました。私の場合は、シミの増加と、ニキビの増加でした。
妊娠中は、シミの原因となるメラニンを過剰に摂取してしまうそうです。私は初めての妊娠で、上に子供がいたわけではないので、割と念入りに時間をかけてお肌のケアをしていたのですが、いくら丁寧に日焼け止めを塗っていても、一ヶ月くらいすると、ポツポツとシミが浮き出てきました。
同じくして、以前はニキビなど全くできない肌だったのが、安定期を過ぎたあたりから、頬やおでこに出来始めました。妊娠中は、ビタミンも不足しがちなうえ、ホルモンも妊娠していない時の身体とは違うので、バランスが崩れ、吹き出物が出来やすくなるそうです。いま思えば、妊娠中はとても汗をかきやすかったので、皮脂や汗が、毛穴にいつも以上に溜まってしまっていたのかな、とも思います。
こんな肌荒れ状態は、いつまで続くのかな、、と真剣に悩んでいた私ですが、出産して一ヶ月も経つと、肌の状態は随分と元どおりになりました。むしろ、肌が強くなった?と思うほどです。出産はひとつのデトックス、というように、肌トラブルの原因も、もしかすると、出産と同時に体外に出してしまったのかもしれません。