ストレスとお肌の関係

ストレスは肌の大敵

ストレスは肌にいい影響を与えません。ストレスを感じると肌に悪影響を及ぼしニキビを作ったり肌の老化を進行させます。
ニキビや肌荒れがしやすいあなたはきっと顎周り、頬、フェイスライン、口元に出やすいのではないでしょうか。
これらの部位は乾燥しやすい部位です。ストレスはホルモンバランスを崩し肌の水分油分のバランスを乱し、肌を乾燥させます。
乾燥すると肌荒れや大人ニキビが出やすいので、ストレスで肌に悪影響ができやすい人は顎周りや頬などに影響が出やすいのです。
また女性の場合はストレスを受けると生理が遅れたり自律神経を乱して不眠を招いたりするので肌にいい影響を与えないのです。
ストレスは肌だけでなく体の不調にも繋がるので、健康維持のためにもストレス緩和策は持っておくべきでしょう。
ストレスを緩和するためにアロマを炊いたり、運動をする、睡眠を十分に取るといった工夫が必要でしょう。
またストレスは肌のバリア機能低下にもつながります。バリア機能の低い肌は外部からの刺激に弱い状態です。
外部刺激に耐えられるよう、スキンケア化粧品で保湿をしっかりと行うことが肌荒れ・ニキビ対策のポイントでもあります。